一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム (MCF)

【オンライン開催】モバイルビジネス法務・知財講座2021

thumbnail3
今回、スポーツビジネス関連の法務・知財及びビジネスモデルをテーマに開催です。
コロナ禍で大きな影響を受けている業界ですが、このような状況に対応した先行的な取り組みが始まっております。
IT業界からの参入もあり、今後大きな可能性が考えられておりますので、是非ともご参加いただければと存じます。

スポーツビジネスにおけるグッズ販売や興行に関する商標権については桐山先生、
商品化権や放映化権等の取引等の著作権問題については池村先生に解説いただきます。
また、現在のコロナ禍におけるスポーツの存在価値について、Edo All Unitedの湯浅様、
日本スポーツアナリスト協会の石井様、日本ハンドボールリーグ代表理事の葦原様によるパネルディスカッションも予定しております。
そして、海外の動向も含め、スポーツNFT(Non Fungible Token)の概要、可能性、NFTに関する法律問題について、斎藤先生に解説いただきます。
最終回では、㈱横浜DeNAベイスターズの林様に事業の取り組みをご紹介いただく予定です。

MCF会員は参加枠まで無料で受講いただけますので、是非とも多くの方々にご参加いただき、
皆様のビジネスにご活用いただければ幸いでございます。

※講師、プログラムの詳細、開講の順序等、変更の生じる可能性があります。
※変更の生じた場合には、速やかにホームページ上でお伝え致します。

今後ともよろしくお願いいたします。

【講座の対象者】

最新の法務・知財に関する情報を収集したい方、最先端の法務・知財制度や企業の戦略に関心がある専門家の方。

【講座スケジュールと内容】

日程内容
第1回 7月8日(木)「スポーツビジネスにおいても重要!知財最強(恐?)、商標権の話。」
第2回 7月15日(木)「スポーツビジネスにおける著作権問題(仮)」
第3回 7月21日(水)コロナ禍におけるスポーツの存在価値
 ~コロナによる社会構造の変化とスポーツ関係者はどのように付き合うべきかを有識者とパネルディスカッション~
第4回 7月28日(水)「スポーツNFTの概要と法律問題(仮)」
第5回 8月日程調整中「横浜DeNAベイスターズの事業取り組み(仮)」

cr_to_form

第1回「スポーツビジネスにおいても重要!知財最強(恐?)、商標権の話。」


7月8日 (木) 15:00~16:30
「スポーツビジネスにおいても重要!知財最強(恐?)、商標権の話。」
スポーツビジネスにおけるグッズの販売や、興行には商標が欠かせない要素となっています。本講義を通じて、私が商標を知財最強(恐?)と考える所以を感じていただければと思います。
最近のニュースで商標が話題になったものを紹介し、事例をベースに商標の基本的な理解をしていただき、ビジネスと密接関連している商標のお話をしたいと思っています。
どのような場合に商標が問題となるのか、商標は何のために取得するのか、他社登録商標が存在した場合の対抗策は?
プロスポーツチームやプロスポーツリーグの顧問弁理士をつとめる講師がスポーツビジネスに絡めてお話します。
講師
野本・桐山国際特許事務所 所長 弁理士 桐山 大 様



プロフィール
2012年 弁理士登録 
2013年 特定侵害訴訟代理業務付記登録。
2017年 野本桐山国際特許事務所代表就任
2019年 株式会社ブランドサーチ設立
弁理士登録以来、商標に携わり、ビッグプロジェクトを多数手がける。
スポーツ関係の仕事も多く、2014年に「プロスポーツチームと商標」を月刊パテントに寄稿。
Jリーグ、Bリーグの弁理士業務のアドバイザリーを実施し、スポーツビジネスにおける商標戦略、ガイドラインの作成、啓発のための研修などを行う。

第2回「スポーツビジネスにおける著作権問題(仮)」


7月15日 (木) 15:00~16:30
「スポーツビジネスにおける著作権問題(仮)」
スポーツビジネスにおいて、著作権は、特に商品化権や放映化権等の取引において、非常に重要な意味を持ちます。また、東京オリンピックのエンブレム案を巡る、一連の騒動も記憶に新しいところです。本講座では、スポーツビジネスと著作権のかかわりにつき、分かりやすく解説します。
講師
三浦法律事務所 パートナー弁護士 池村 聡 様

プロフィール
2001年弁護士登録(第二東京弁護士会)。2009年~2012年に文化庁著作権課に著作権調査官として出向し、著作権法改正作業等を担当。2019年三浦法律事務所設立。2020年より文化審議会著作権分科会法制度小委員会委員。
IT、エンターテインメント分野の案件を多く取り扱い、主な著書、論文として「はじめての著作権法」(2018年、日経文庫)、「プロスポーツと放映権」ジュリスト1514号42頁など多数。

第3回「コロナ禍におけるスポーツの存在価値 ~コロナによる社会構造の変化とスポーツ関係者はどのように付き合うべきかを有識者とパネルディスカッション~」


7月21日 (水) 15:00~16:30
「コロナ禍におけるスポーツの存在価値 ~コロナによる社会構造の変化とスポーツ関係者はどのように付き合うべきかを有識者とパネルディスカッション~」
コロナによる社会構造の変化は目覚ましく、イベント事業、スポーツ事業も大きな影響を受けています。興行事業としてのダメージは小さくなく、世論的にはオリンピック開催の可否についても賛否が出ています。スポーツが生活の一部になっている人々のストレスも少なくありません。
加えて、リモートワーク環境への移行により運動不足を自覚する人も増えているようです。これまでは、ある種の「趣味」や「エンタメ」として捉えられることもあったスポーツですが、コロナ禍によりその存在価値を改めて見直す時期に来ているのかもしれません。
そこで、我々の生活の中にあるスポーツというものの存在価値や、どのように付き合うべきかを有識者とパネルディスカッションし、withコロナにおけるスポーツの在り方について見識を深めたいと思います。
(仮ディスカッションテーマ)
・スポーツは「趣味」か「生活」か ~コロナにより制約を受けるスポーツ~
・自粛の仕方、範囲はどうあるべきか ~長期間の自粛を求められた場合の弊害~
・地域おこしとスポーツの関係 ~「物理的な移動」が制約される中での「地域おこし」とは~
・もしコロナ感染が生じてしまった場合の対策 ~各業界のオペレーション、工夫について~
・オリンピックについて ~コロナ禍におけるオリンピックの在り方とは~
コーディネーター
Edo All United CEO 湯浅 竜 様

プロフィール
本田圭佑が立ち上げたサッカークラブであるEdoAllUnitedのCEO。「全員参加型リアルサカつく」をコンセプトとするEdoの組織マネージメントを行う。株式会社テックコンシリエ・インプリメント代表取締役社長。クロスユーラシア株式会社代表取締役社長。IPTech特許業務法人副所長。弁理士。
パネラー
(一社)日本スポーツアナリスト協会(JSAA) 産業連携ディレクター 石井 宏司 様

プロフィール
東京大学大学院にて認知科学、教育×ITについて研究。1997年にリクルートに入社し、インターネット関連の新規事業、エンタテイメントの新規事業、地方創生コンサルティング、人材コンサルティング、事業再生などに従事。その後野村総合研究所にて経営コンサルティング、スポーツマネジメントコンサルティングに従事。アメリカにてスポーツ×ITのテーマのカンファレンスに多数参加。女子プロ野球リーグの事業再生、スポーツマーケティングラボラトリー執行役員などを経て、千葉ジェッツ、FC東京などに関わる。日本スポーツアナリスト協会産業連携ディレクターとして2017年より活動。海外のスポーツビジネスの調査研究、日本におけるスポーツアナリティクス、スポーツテックなどの領域の発展のための活動をスポーツ庁などと連携して行う。Sports Analytics Japan 2015登壇、2016年より2021まで実行委員会として企画、モデレーター、マッチングを担当。
(一社)日本ハンドボールリーグ 代表理事 葦原 一正 様

プロフィール
1977年生まれ。外資系コンサルティングファームのアーサー・D・リトル(ジャパン)、プロ野球球団(オリックス・バファローズ及び横浜DeNAベイスターズ)を経て、2015年公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグに入社。事務局長として男子プロバスケットボールリーグ『B.LEAGUE』を立ち上げ。2020年、株式会社ZERO-ONE設立。これまでの現場経験、ノウハウに基づき、スポーツビジネスに関するコンサルティングサービスを提供。2021年4月、一般社団法人日本ハンドボールリーグ代表理事就任。著書「稼ぐがすべて」、「日本のスポーツビジネスが世界に通用しない本当の理由」。

第4回「スポーツNFTの概要と法律問題(仮)」


7月28日 (水) 15:00~16:30
「スポーツNFTの概要と法律問題(仮)」
ブロックチェン上のトークンでありNFT (Non Fungible Token)が世界的にブームとなっている中、スポーツの世界でも米プロバスケットボールリーグ(NBA)のプレイ動画のNFTであるTop Shot、欧州サッカーリーグのクラブ選手の実名NFTが使用できるサッカーゲームであるscorareなど、様々なNFT利用事例があります。
本講演では海外の動向も含め、スポーツNFTの概要、可能性、NFTに関する法律問題をお話しします。
講師
創・佐藤法律事務所 代表弁護士 斎藤 創 様



プロフィール
弁護士(日本及びニューヨーク州)、東京大学法学部、ニューヨーク大学ロースクール卒
日本STO協会監事、日本ブロックチェーン協会顧問、FinTech協会キャピタルマーケッツ部門事務局、前bitFlyer社外取締役。ブロックチェーン、暗号資産、FinTech、ベンチャーファイナンス等を専門に取り扱う。
Chambers Asia Pacific で日本のFinTech弁護士、Best Lawyers rankingsで日本のFinTech、金融機関規制分野の弁護士としてそれぞれランク・イン。

第5回「横浜DeNAベイスターズの事業取り組み(仮)」


8月調整中
「横浜DeNAベイスターズの事業取り組み(仮)」
講師
株式会社横浜DeNAベイスターズ ビジネス統括本部 本部長 林 裕幸 様



プロフィール
大学卒業後、外資IT企業にてコンサルティング事業に従事し、2013年に横浜DeNAベイスターズ入社。
経営・IT戦略部部長、ブランド統括本部本部長等を経験。
2020年12月よりビジネス統括本部を管掌。

【会場・受講料】

開催形式オンライン会議形式
受講料【全5回】
MCF会員:無料 ※会費区分特典参加枠で無料適用になります。詳細はこちら
一般:90,000 円 (税込み) ※一般(MCF会員以外)の方には、おって請求書を送付いたします。

【受講手続きについて】

1. お申込みお申し込みはこちらからお願いします。
2. お申込みに関するご案内こちらをご覧ください。
3. お支払い一般(MCF会員以外)の方には、おって請求書を送付いたします。
指定の口座へお振り込みください。振込手数料はご負担願います。
4. 受  講参加URLは別途ご案内します。
5. キャンセル受講後のキャンセルは受講料返金に応じかねますのでご了承下さい。

【申込フォーム】

cr_to_form

【講座に関するお問い合わせ先】

一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF) 事務局
電話:03-5468-5091 お問合せフォームはこちら