<終了いたしました>第2回MCFカンファレンスSpark! (次回は10月27日です。)

自動車業界においては、2020年の東京オリンピック開催に向け、自動運転からコネクティッドカーの開発が加速しており、大きなパラダイムシフトがおきつつあります。 コンテンツ業界にとっても、自動車がスマホやVR・AR機器化したり、ドライバーが運転以外のこともできるようになることで、新たにコンテンツを楽しむ空間が出現する可能性が高まっています。 このような近未来を展望して、車内コンテンツの今後のあり方や、移動することに対してコンテンツがもたらす付加価値など、自動車業界とコンテンツ業界の今後の可能性を考え、連携を促進するためのカンファレンスを、今回LIGARE(自動車新聞社) と共催で開催します。 今回のMCFカンファレンスSpark!をきっかけとして、更なる業界連携を促進していきたいと考えておりますので、懇親名刺交換会まで是非ともご参加ください。
10月のスピーカーは調整中。乞うご期待ください!


◆プログラム◆

14:00~14:40「IOT時代の車両とコンテンツをつなぐSDL」

Xevo(株) 代表取締役
穂坂 浩司 様


14:40~15:20「心躍るスポーツカー専用アプリからコンテンツ生成マシーンの未来につなぐ夢」

本田技研工業(株) 主任研究員
箕輪 聡 様


15:20~16:00「マツダのコネクテッドカーと、コンテンツ」

マツダ(株) カスタマーサービス本部 主幹
岡村 雅 様


16:00~16:50「パネルディスカッション:モビリティとコンテンツの連携が生み出す移動の新たな価値 」

Xevo(株) 代表取締役
穂坂 浩司 様

本田技研工業(株) 主任研究員
箕輪 聡 様

マツダ(株)カスタマーサービス本部 主幹
岡村 雅 様

(株)ドワンゴ 第一サービス開発本部長 兼 営業本部 チャンネル営業部長
石井 洋平様

(株)コロプラ コーポレート統括本部 アドミニストレーション部   知的財産グループ 弁理士
佐竹 星璽様

(株)360Channel 代表取締役社長
中島 健登様

コーディネーター (株)自動車新聞社 代表取締役社長
井上 佳三様


17:00~18:30「懇親名刺交換会 」

日時:2017年9月29日(金)
13:30開場、14:00~18:30
@ドワンゴ セミナールーム

住所:〒104-8441 東京都中央区築地1-13-1
銀座松竹スクエア 13階 地図

参加費:MCF会員 : 無料
   一般 : ¥10,000/1回

SEPTEMBER'S SPEAKER

Xevo㈱ 代表取締役 穂坂 浩司様
IOT時代の車両とコンテンツをつなぐSDL
トヨタ、スズキ、マツダ、富士重工、スズキ、ダイハツと多くの日系OEMが参入したスマホ連携技術SDL(Smart Device Link)。本公演ではこれまでナビ中心だった車載器に新しいコンテンツ導入の門戸を開いたSDLの技術と可能性について説明します。
2000年にビースクウエア株式会社に入社し、Windows CEマーケットの日本市場立ち上げに携わり、2006年に株式会社UIEジャパン(現 Xevo株式会社)に執行役員として入社、2007年6月より現職、2011年に北米でサービス開始したToyota EntuneやLexus Enformの立ち上げに携わり、2013年6月よりGM of Automotive兼務
本田技研工業㈱ 主任研究員 箕輪 聡様
心躍るスポーツカー専用アプリからコンテンツ生成マシーンの未来につなぐ夢
S660の開発をしながら『Sound Of Honda VersionS660』リリースに至った経緯や、6月2日にリリースした『Rev Beat S660』のコンセプトをご紹介させて頂くと同時に、コンテンツ生成マシーンとしてのモビリティの可能性について、その狙いやその先の夢についてお話させて頂きます。
エレクトロニクス製品メーカーでポータブルオーディオのファームウェア開発を経 験後、本田技術研究所 四輪R&Dセンターに移籍。車内騒音を車載オーディオの制 御で低減する『アクティブノイズコントロール』や、インフォティメントシステム の開発を担当した後、2015年発売の軽スポーツS660の電装領域プロジェクトリーダーを務めながら、スマートフォンアプリと車両データを連携するテーマに取組み『Sound Of Honda Version S660』をプロデュースした。
マツダ㈱ カスタマーサービス本部 主幹 岡村 雅様
マツダのコネクテッドカーと、コンテンツ
大手家電メーカー、コンサルティングファームを経て、2014年よりマツダに入社。アプリケーションプラットフォームの導入推進、車載インフォテイメントシステムの企画、モバイルアプリケーションの企画などを担当したのち、現在はコネクテッドサービスの企画・推進を担当。
㈱ドワンゴ 第一サービス開発本部長 兼 営業本部 チャンネル営業部長 石井 洋平様
「モビリティとコンテンツの連携が生み出す移動の新たな価値」
2004年ドワンゴ入社。開発職を経験後、ニコニコ動画の前身サービス「パケラジ」より企画職に転向。 携帯向け動画配信ディレクター、音楽配信サービス「dwango.jp」プロデューサーを経て、現在は配信事業の統括を行いながら、JRA-VANとの競馬AI競技会「電脳賞」やNEXCO中日本との共同IPプロジェクトなどを手掛ける。
㈱コロプラ コーポレート統括本部 アドミニストレーション部   知的財産グループ 弁理士 佐竹 星璽様
「モビリティとコンテンツの連携が生み出す移動の新たな価値」
京都大学工学部卒業。京都大学経営管理大学院修了。ビジネスモデル設計のコンサルティングとともに、大手特許事務所にて、モバイルデバイス分野のハードウェア・ソフトウェア、クラウド型サービスの特許権利化業務を経て現職。アイデアソン・ハッカソンイベントでの講師・審査員を、関西・山陰など日本各地で担当している
㈱360Channel 代表取締役社長 中島 健登様
「モビリティとコンテンツの連携が生み出す移動の新たな価値」
コロプラ在籍時に新規事業立ち上げに従事し、株式会社360Channel設立に携わる。360度動画配信プラットフォーム『360Channel』の事業責任者を経て、現在は同社の代表取締役社長。
㈱自動車新聞社 代表取締役社長 井上 佳三様
「モビリティとコンテンツの連携が生み出す移動の新たな価値」
2007年に株式会社自動車新聞社に入社。「ひと・まち・モビリティ」をテーマとしたモビリティサービス専門誌「LIGARE」を創刊し、 2016年には立命館大学、デンソー、住友電工、富士通テン、パナソニックなどとFuture Mobility 研究会を立ち上げ、将来のモビリティについて研究を行なう。 LIGARE編集長を経て2017年に代表取締役に就任。

MCFカンファレンス SPARK!

最新情報