HOME > モバイルコンテンツビジネス基礎講座2013
モバイルコンテンツビジネス基礎講座

 

昨年開催し、好評を博しました「モバイルコンテンツビジネス基礎講座」を今年も開催させていただきます。

スマートフォン時代の進展によってモバイルコンテンツビジネスが大きな変革期を迎えている中で、今後ビジネス領域を拡大していくためには、法務面を含めたビジネスの基礎的な知識から最新トレンドをまで習得する必要があります。

また、モバイル業界には多様な業界から新規の人材を急激に増えてきており、モバイル特有の知識を習得するための人材教育も求められております。

本年も昨年同様、モバイルコンテンツ関連法の基礎からコンテンツビジネスにおける基礎的知識、そして最新トレンドまでを網羅した講座をご用意致しました。

加えて、総務省の指針「スマートフォン プライバシー イニシアティブ」の発表もあり、利用者情報の扱い方や、スマートフォンの普及に伴うセキュリティの重要性も増しておりますので、セキュリティに関するセッションを新設しております。

また、音楽配信や動画配信に関するビジネスモデルの紹介やゲームビジネスの実務者によるパネルディスカッションも予定しておりますので、初心者から、配信実務担当者、知財担当者まで実践的な知識・ノウハウを習得していただけます。

MCF会員はご優待価格で受講いただけますので、是非とも多くの方々にご参加いただき、皆様のビジネスにご活用いただければ幸いでございます。

※講師及び講座の内容については、変更になる可能性があります。

◎MCF会員はご優待価格で受講いただけます

■講座概要

本講座は、モバイルコンテンツビジネスを拡大していく上で必要な知識のうち、知的財産権として特許・実用新案・意匠・商標・不正競争防止法・著作権を、そしてモバイルコンテンツビジネス関連法律として景品表示法、プロバイダ責任制限法、資金決済法、個人情報の保護に関する法律、独占禁止法等の法律の基礎知識と最新状況、セキュリティについて、実際のビジネスモデルに関して音楽分野・ソーシャル分野・ゲーム分野などの基礎知識から最新トレンドまで学べる講座となっております。

講師には、著名な弁護士/弁理士の先生から著名企業の経営層及びビジネスマネージャーがセッションを担当しますので、日々のビジネス展開に役に立つ実践的な内容となっております。

【講座の対象者】

モバイルコンテンツビジネスをはじめられる方々、モバイルコンテンツビジネスにおいてあらためて知識を取得したい方々、最新情報をアップデートしたい方々に適した講座となります。

【日 程 2013年】

  1. 7月22日(終了)
  2. 7月29日(終了)
  3. 8月5日(終了)
  4. 8月26日(終了)
  5. 9月2日(終了)

【会 場】

TKP渋谷カンファレンスセンター
東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷東宝ビル
http://www.shibuya-kaigishitsu.net/access.shtml

【受講料】(5回分/消費税込み)

  1. MCF会員 35,000円
  2. 会員以外 105,000円

※1回単位のお申し込みはできませんのでご了承ください。

【受講手続きについて】

1.お申込み  以下のURL内の「申し込みフォーム」よりお申し込みください。

         請求書を郵送いたします。

         https://www.mcf.or.jp/seminar_application_form/contents_business_seminar.htm

2.お支払い  指定の口座へお振り込みください。振込手数料はご負担願います。

3.受  講  受講の際には名刺をご持参ください。

         お申込みいただいた人数内であれば、各回毎に受講者を変更する事は可能です。

4.キャンセル 初回受講後のキャンセルは受講料の返金に応じかねますのでご了承ください。

申し込みフォームへ

【講座のスケジュールと内容】

 

第1回 7月22日(月) 基礎講座(1) 「コンテンツビジネス関連法律」
第2回 7月29日(月) 基礎講座(2) 「知的財産権」
第3回 8月 5日(月) 「著作権法の詳説から音楽、動画ビジネスの基礎」
第4回 8月26日(月) 「セキュリティ・DRM等技術の最新状況」
第5回 9月2日(月) 「スマートフォンビジネス」

 

◎ 第1回 基礎講座(1) 「コンテンツビジネス関連法律」

日時:7月22日(月)13:00〜17:00(適宜休憩あり)

基礎編(1)「コンテンツビジネス関連法律」

講師:森・濱田松本法律事務所
   弁護士 飯田 耕一郎 氏 

プロフィール

講義内容:

景品表示法、プロバイダ責任制限法、資金決済法、個人情報の保護に関する法律、独占禁止法。
スマートフォン・モバイル・インターネットのビジネスは、ビジネスをしていく上で、ユーザーとの関係の取り決めなど、数多くの法律がかかわっています。本講座では、IT分野で著名な弁護士の先生が、ビジネスにかかわる各法律の基礎知識を、最近注目の話題も交えながら解説します。

 

◎ 第2回 基礎講座(2) 「知的財産権」

日時:7月29日(月) 13:00〜17:00(適宜休憩あり)

基礎編(2) 「知的財産権」

講師:弁護士法人 内田・鮫島法律事務所
   弁護士・弁理士 鮫島 正洋 氏、弁護士 伊藤 雅浩 氏、弁護士・弁理士 溝田 宗司 氏

プロフィール

講義内容:

知的財産権の基礎、特許法、実用新案法、意匠法、商標法、不正競争防止法、著作権法。
スマートフォン・モバイル・インターネットのビジネスには、知的財産権の法律が深くかかわっており、知的財産権の活用次第でビジネスの成立から発展まで影響がおよびます。本講座では、IT企業での実務経験を積まれたのちに弁護士になられた先生が、ビジネスにかかわる知的財産権の法律について基礎的な項目について、具体的な事例を交えながら解説します。

 

◎ 第3回 「著作権法の詳説から音楽、動画ビジネスの基礎」

日時:8月5日(月) 13:00〜17:00(適宜休憩あり)

基礎編(3) 「著作権法をもう少し詳しく勉強しよう」

講師:横浜国立大学 大学院国際社会科学研究院
   教授 川瀬 真 氏

プロフィール

講義内容:

著作物とは、著作者の権利、支分権、著作隣接権、私的複製、フェアユース、存続期間。
配信ビジネスの多くは著作権ビジネスともいわれるほど、著作権がかかわります。本講座では、配信ビジネスがはじまった当時から近年まで文化庁著作物流通促進室 室長として著作権にかかわってこられた著名な先生が、著作権について解説します。

 

実践編(1) 「著作権使用料の徴収と分配の実務」

講師:一般社団法人 日本音楽著作権協会
   業務本部 副本部長 小島 芳夫 氏

プロフィール

講義内容:

著作権使用料の徴収と分配の実務/海外配信に於ける音楽著作権処理について

 

実践編(2) 「音楽配信ビジネス」

講師:株式会社レーベルゲート
   代表取締役 執行役員社長 佐藤 亘宏 氏

プロフィール

講義内容:

PCではなく携帯電話での利用を中心に大きく花開いた、日本国内の音楽配信ビジネス。その歴史は10数年を数え、現在ではCDと遜色ない高ビットレートのDRMなし音楽ファイルを携帯ではなくスマートフォン、PC、タブレット等マルチデバイスで利用するスタイルが主流になりつつあります。
本講座では、「mora(モーラ)」をはじめとする大型サービスを通じ、国内の音楽配信ビジネスを第一線で牽引してきた株式会社レーベルゲートの代表を講師に迎え、音楽配信の最新動向や市場規模、ビジネス上特有の商慣習や勘所などを解説いたします。

 

実践編(3) 「動画配信ビジネス」

講師:株式会社UULA
   取締役 村本 理恵子 氏

プロフィール

講義内容:

スマートフォンが急速に普及している中、スマートフォンを視聴デバイスとした動画サービスが拡大しています。ソフトバンクが2013年2月からスタートさせた「UULA」について、競合他社とのサービス比較、目標とするサービス、現状について説明します。

 

◎ 第4回 「セキュリティ・DRM等技術の最新状況」

日時:8月26日(月)13:00〜17:00(適宜休憩あり)

基礎編(4) 「セキュリティ技術の基礎と事例」

講師:株式会社KDDI研究所
   ネットワークセキュリティグループ 研究マネージャ 竹森 敬祐 氏、同 研究主査 磯原 隆将 氏

プロフィール

講義内容:

スマホアプリから知らぬ間に利用者情報が送信されるプライバシ問題が指摘される中で、総務省からアプリのプライバシーポリシーの作成に関する提言書が公開された。
本講演では、プライバシーポリシーの内容と送信情報の整合性を技術的に確認する第三者検証の実例を紹介します。また、アプリのソースコードを解析して半自動でプライバシーポリシーを生成する支援ツールについてデモ紹介します。

 

基礎編(5) 「セキュアコーディングの基礎」

講師:一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会
   技術部会アプリケーションWGセキュアコーディンググループ リーダー 松並 勝氏

プロフィール

講義内容:

Androidアプリケーションのセキュリティ問題、とりわけ脆弱性問題を扱います。実際の脆弱性事例をいくつか取り上げ、脆弱性を防ぐために何ができたのかを解説します。その後、実際のAndroidアプリケーション開発現場に適用可能な脆弱性対策ベストプラクティスをご紹介します。

 

基礎編(6) 「モバイルプラットフォームにおけるセキュリティの課題と対策」

講師:Intertrust Technologies, Inc.
   Technologies Initiatives and Business Developments Director 長尾 豊 氏

プロフィール

講義内容:

AndroidやiOSを始めとするモバイル向けのOSの普及に伴い、今までPCの世界での問題であったセッキュリティの問題が、スマートフォンやタブ レットにまで浸食しており、そこでビジネスを行う企業や顧客の利益やプライバシーを脅かすケースが急速に増加しております。
このセッションでは、典型的なセキュリティ問題の事例から最近のセキュリティ問題の事例と、その一般的な対処方法について紹介させていただきます。

 

実践編(4) 「スマートフォンにおける絶え間ないクラッキング攻勢に立ち向かう〜不正ツールによる実演をお見せします〜」

講師:株式会社ハイパーテック
   代表取締役社長 小川 秀明 氏

プロフィール

講義内容:

スマートフォンビジネスの世界では、アプリのセキュリティが重要になっています。
現実に、パスワード・認証・ドングル・課金などの解除が横行しており、不正ツールが爆発的に広まり、多くの被害が発生しております。
本講義では、課金解除などの被害実例を具体的にご紹介します。また、被害を避けるために、どのようにアプリをセキュリティ保護していくかについて講義いたします。

 

◎ 第5回 「スマートフォンビジネス」

日時:9月2日(月)13:00〜17:00(適宜休憩あり)

実践編(5) 「スマートフォン業界動向」

講師:一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム
   常務理事 岸原 孝昌 氏

講義内容:

スマートフォンビジネス業界動向、市場規模データなど

 

実践編(6) 「スマートフォンビジネス 〜ソーシャルゲームのグローバル展開とマネタイズ〜 」

パネラー:株式会社セガネットワークス 岩城 農 氏 (執行役員 事業本部長)

     株式会社ゲオホールディングス 榎本 淳一 氏 (社長室 ネットワーク戦略)

     株式会社マーベラスAQL 山口 善輝 (取締役 執行役員 事業開発管掌)

コーディネーター:MCF常務理事 佐藤 慎吾 氏(株式会社サミーネットワークス 渉外特命担当)

講義内容:

めざましい変化と発展を続けるスマートフォンビジネスの世界。特にオンラインゲームとの融合を進めて来たソーシャルゲームの分野は、世界的なビジネスとなっています。
本講座では、パネラーとしてスマートフォンのコンテンツビジネスでグローバルにマネタイズに成功している企業の役職員クラスの方々がその秘訣などをセッション形式で皆様に講義いたします。

 

【講座に関するお問い合わせ先】

一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム 事務局

担当:越賀、前川 電話:03-5468-5091 【お問い合わせフォーム

 

申し込みフォームへ